HOME ≫ ねんきんNAVI ≫ ねんきんAtoZ ≫ 項目別 問題一覧 ≫ 就職したとき ≫ 共済組合等の年金(長期給付)の保険料率は、いつ厚生年金保険と同じになるのですか?
ねんきんNAVI
ねんきんAtoZ
ねんきんAtoZ
保険料の計算方法
共済組合等の年金(長期給付)の保険料率は、いつ厚生年金保険と同じになるのですか?
回答

被用者年金一元化に伴い、共済組合等の年金保険料率は将来的に厚生年金保険保険料率に統一されます。現在、国家公務員共済地方公務員共済では年金の保険料率の1本化が行われ、2018(平成30)年4月分〜2019(平成31)年3月分は15.416となっています。公務員共済は2018年9月、私学共済は2027(令和9)年4月に厚生年金保険料率の18.3%に統一されますが、それまでは厚生年金保険同様、毎年0.354%ずつ引き上げられます。

被用者年金一元化前の地方公務員の共済年金の保険料(掛金)

 一元化前は保険料ではなく、「掛金」が年金の計算に使われていました。掛金は、標準報酬月額ではなく給与額の算定基礎(給与月額×1.25)に掛金率を掛けて算定されていました。これを「手当率制」といいます。標準報酬のように実際に諸手当も含めた支給された給与ではなく、基本給に25%のみなし手当が算入されていました。掛金率は年金(長期給付)や健康保険(短期給付)、福祉、介護などで異なりますが、共済組合等が一部(1/2)を負担金という形で負担します。

※国共済、私学共済は厚生年金保険と同様です。

被用者年金一元化後の保険料率の段階を経た移行

 公務員共済、私学共済ともに厚生年金保険と同様に毎年0.354%ずつ引き上げられます。

公務員共済
(国家公務員・地方公務員)
私学共済厚生年金保険
平成27年10月分〜
平成28年8月分
17.278% 平成28年4月分〜
平成29年3月分
14.708%17.826%
平成28年9月分〜
平成29年8月分
17.632% 平成29年4月分〜
平成30年3月分
15.062%18.182%
平成29年9月分〜
平成30年8月分
17.986% 平成30年4月分〜
平成31年3月分
15.416%18.300%
平成30年9月分〜
令和1年8月分
18.300% 平成31年4月分〜
令和2年3月分
15.770% 
令和1年9月分〜
令和2年8月分
  令和2年4月分〜
令和3年3月分
16.124% 
令和2年9月分〜
令和3年8月分
  令和3年4月分〜
令和4年3月分
16.478% 
   
令和9年4月分〜  18.300% 

 被用者年金の一元化は、給付と負担の平等化が目的であったため、保険料にも差がないように地共済にも標準報酬月額制を導入し保険料の統一化が図られました。

保険料の統一スケジュール

 厚生年金及び共済年金の保険料については、現在も毎年0.354%ずつ引き上げていますが、この引上げスケジュールを法律に位置づけ、公務員は2018(平成30)年、私学教職員は2027(令和9)年に、18.3%で統一します。

保険料の統一スケジュール

※各共済の引上げスケジュール及び最終保険料率は2009(平成21)年財政再計算結果によります。

※公務員共済の保険料率は2009年に統一されています。

(厚生労働省資料より)

この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
bottom_maincontent
年金広報
  • ねんきんABC
  • ねんきんAtoZ
  • ねんきん手続きガイド
  • ねんきん用語集
bottom_sidecontent
bottom_sidecontent
このページのトップへ