HOME ≫ ねんきんNAVI ≫ ねんきんAtoZ ≫ 項目別 問題一覧 ≫ 自分の年金の加入状況などを確認したいとき ≫ 50歳以上で、節目年齢(59歳)の人に届くねんきん定期便とそれ以外の人に届くねんきん定期便の違いは?
ねんきんNAVI
ねんきんAtoZ
ねんきんAtoZ
ねんきん定期便・ねんきんネット
50歳以上で、節目年齢(59 歳)の人に届くねんきん定期便とそれ以外の人に届くねんきん定期便の違いは?
回答

ねんきん定期便は、年金の加入期間加入実績に応じた年金額保険料納付額、加入履歴(月別状況)などを確認するためのものです。通常は年1回。はがきで送付されますが、受給資格期間を満たすことができるように加入期間や年金額などを確認してもらうために、受給間近な「節目年齢」の人には封書で、年金記録や確認方法についてより詳細なものが送られています。

50歳未満の人場合は、これまでの加入実績を基に計算した老齢年金の額を表示しています。50歳以上の人の場合は、現在加入している年金制度に、60歳まで同じ条件で加入し続けたものと仮定して計算した老齢年金の見込額を表示しています。

60歳を過ぎてすでに老齢年金を受給していても厚生年金保険に加入している場合は、ねんきん定期便が送られます。この場合、年金見込額の表示はありません。

50歳以上の人対象のねんきん定期便記載内容 *2019(平成31)年度版

【一般】

○これまでの年金加入期間(国民年金厚生年金保険(一般・公務員・私学共済))

○老齢年金の種類と見込額(1年間の受取見込額)

○最近の月別状況(納付済・免除・猶予など別)

○これまでの保険料納付額(累計額)

【節目年齢(59歳)】

○これまでの年金加入期間(国民年金・厚生年金(一般・公務員・私学共済))

○老齢年金の見込額

○これまでの保険料納付額(累計額)

○これまでの『年金加入履歴』

○これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況

○これまでの国民年金保険料の納付状況

○ねんきん定期便の見方

など

 年金見込額は国民年金、厚生年金保険(公務員、私学教職員などを含む)ごとに、それぞれの履歴から計算されます。

年金見込額の計算 *年金額は平成30年度の価格

〜2019(平成31)年4月現在で51歳(1968(昭和43)年4月2日生まれ)のAさん(男性)の場合〜

Aさんの履歴

22歳で公務員に就職して初めて年金に加入(29歳まで平均標準報酬月額25万円)
30歳で病気のため退職
30〜32歳:全額免除(追納なし)、32〜34歳:半額免除(追納なし)※2010(平成22)年3月以前
35歳で一般企業に再就職(35〜40歳まで平均標準報酬月額30万円、40〜59歳まで平均標準報酬額35万円)

【国民年金】

保険料納付済期間免除期間・猶予期間により計算

Aさんの年金見込額

全額納付期間 780,100円×(33年*12/480)+ 半額免除期間 780,100円×(3年*12/480)×2/3+ 全額免除期間 780,100円×(3年*12/480)×1/3

 

702,091円(月58,508円)…①

【厚生年金保険】

特別支給の老齢厚生年金:なし

公務員期間の老齢厚生年金

250,000円×7.125/1000×(9年*12)+
職域加算 250,000×1.425/1000×(9年*12)

 230,850円…②-1

一般厚生年金保険期間の老齢厚生年金

総報酬制前の年金額 300,000×7.125/1000×4年*12+総報酬制後の年金額350,000×5.481/1000×12年*12

 378,842円(月31,570円)…②−2

【合計の年金見込額】

①+②(-1・2)=1,311,783円(月109,474円)

様式11 ねんきん定期便(50歳以上、一般)(2019(平成31)年度」

様式2 ねんきん定期便(59歳)

 

この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
bottom_maincontent
年金広報
  • ねんきんABC
  • ねんきんAtoZ
  • ねんきん手続きガイド
  • ねんきん用語集
bottom_sidecontent
bottom_sidecontent
このページのトップへ