HOME ≫ ねんきんNAVI ≫ ねんきんAtoZ ≫ 年金制度を知りたい ≫ 老齢厚生年金の支給額の計算 ≫ 老齢厚生年金に加算額がつくのはどんなときでいくらになりますか?
ねんきんNAVI
ねんきんAtoZ
ねんきんAtoZ
老齢厚生年金の支給額の計算
老齢厚生年金に加算額がつくのはどんなときでいくらになるか?
回答

老齢厚生年金に対する加算には、経過的加算加給年金額があります。経過的加算は特別支給の老齢厚生年金定額部分を受けていた人が老齢基礎年金をもらうようになったときに、その差額が老齢厚生年金に加算されます。加給年金額は老齢厚生年金受給者で配偶者や子どもを扶養しているときに、老齢厚生年金に加算されます。

※18歳到達年度の末日までの子ども、または1級・2級障害がある20歳未満の子。

経過的加算

 特別支給の老齢厚生年金は定額部分と報酬比例部分に分かれますが、65歳になると定額部分は老齢基礎年金に、報酬比例部分は老齢厚生年金に相当するようになります。通常、定額部分のほうが老齢基礎年金よりわずかに高いため、65歳で老齢基礎年金の受給が開始されると、その差額が経過的加算として老齢厚生年金に対して加算されます。

経過的加算=定額部分の額−老齢基礎年金の額

加給年金額

 厚生年金保険被保険者期間が20年以上ある人が65歳になったとき(または定額部分支給開始年齢になったとき)、扶養する配偶者または子どもがいるときに、届出により老齢厚生年金に加給年金額が加算されます。この被扶養配偶者が65歳になって自分の老齢基礎年金をもらえるようになると、「加給年金額」は支給されなくなりますが、代わりに配偶者の老齢基礎年金に振替加算が加算されるようになります。

 加給年金額は、対象が配偶者か子どもか、子どもならば人数によって額が異なります。配偶者が対象の場合は特別加算額が加算されます。

加給年金額 ※金額は2021(令和3)年度

対象者

加給年金額

配偶者

224,700円

子ども(1人目・2人目)

各224,700円

子ども(3人目以降)

各74,900円

特別加算額(配偶者が対象となっている場合) ※金額は2021(令和3)年度
受給する人の生年月日特別加算額額加給年金額の合計額
(上表と合計)
昭和9年4月2日〜昭和15年4月1日33,200円 257,900円
昭和15年4月2日〜昭和16年4月1日 66,300円290,700円
昭和16年4月2日〜昭和17年4月1日 99,500円 324,200円
昭和17年4月2日〜昭和18年4月1日 132,600円 357,300円
昭和18年4月2日〜 165,800円 390,500円
加給年金額が支給停止になる場合

 対象となっていた配偶者か子どもが次のような状況になった場合は、加給年金額が支給停止となります。

○死亡したとき。

受給権者による生計維持の状態がなくなったとき。

○配偶者が、離婚または婚姻の取消しをしたとき。

○配偶者が、65歳に達したとき。

○子どもが、養子縁組によって受給権者の配偶者以外の人の養子となったとき。

○養子縁組による子どもが、離縁をしたとき。

○子どもが、婚姻をしたとき。

○子ども(障害等級の1級または2級に該当する障害の状態にある子どもを除く)について、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき。

○障害等級の1級または2級に該当する障害の状態にある子ども(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子を除く)について、1級・2級の障害ではなくなったとき。あるいは20歳に達したとき。

この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
bottom_maincontent
年金広報
  • ねんきんABC
  • ねんきんAtoZ
  • ねんきん手続きガイド
  • ねんきん用語集
bottom_sidecontent
bottom_sidecontent
年住協サポートサービス
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
年金WEB質問箱
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ