HOME ≫ くらしすとEYE ≫ 年金・社会保険 ≫ “目で見る”年金講座【第12回】もらえるはずの年金ともらい過ぎた年金 ≫ ③ 亡くなった時期と未支給年金の発生
くらしすとEYE
年金・社会保険
掲載:2019年9月13日

“目で見る”年金講座【第12回】
もらえるはずの年金ともらい過ぎた年金

③亡くなった時期と未支給年金の発生

偶数月は死亡日が月の前半か後半かで変わってくる

 最後に、亡くなったのがどの時期かで変わってくる未支給年金の発生状況を見ておきましょう。図表7は、年金受給者が亡くなったこと(死亡届の提出)によって、偶数月の15日に支給されるはずだった年金の支給が停止された場合のシミュレーション(考え方)と捉えてください。

【図表7】死亡日によって変わる未支給年金の発生状況(例)

point

1.偶数月の、前半に亡くなると3ヵ月分、後半に亡くなると1ヵ月分の未支給年金が発生する

2.奇数月の、前半に亡くなっても2ヵ月分、後半に亡くなっても2ヵ月分の未支給年金が発生する

【お知らせ】

「くらしすと」では、記事に対する質問や年金制度に関する質問にメールで応える【年金WEB質問箱】を開設しています。ぜひご利用ください。

この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
bottom_maincontent

“目で見る”年金講座【第12回】
もらえるはずの年金ともらい過ぎた年金

bottom_sidecontent
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
年金WEB質問箱
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ