HOME ≫ 年金広報 ≫ ねんきん最前線市区町村VOICE ≫ ④ 病気を理解して接遇するため講座も受講。免除や学特は税控除の話も加えて説明

年金広報タイトル

︱2015.12.15 12月号 (通巻678号) Vol.33

掲載:2015年12月15日
topics

静岡県藤枝市 健康福祉部 国保年金課国民年金係

年金事務所や近隣市と交流し
「ホンネで話せる関係」を構築

 藤枝市は静岡県の中部に位置し、人口は約14万6,427人(2015年4月1日現在)。静岡市のベッドタウンでもあり、最近では津波を避けるために海沿いの市から移住してくる人も多いこと、また東京までのアクセスも新幹線利用で1時間半とよいことなどから人口は増えている。国民年金の第1号被保険者は1万6,353人(2014年度)。藤枝市の国民年金係の大きな特徴は、近隣市や年金事務所と定期的に交流の機会を設けているということであり、何かあった場合はお互いに「ホンネで話せる関係」ができているというのが魅力だ。

病気を理解して接遇するため講座も受講。
免除や学特は税控除の話も加えて説明

 窓口での接遇の向上にも務めている。特に、障害年金に関する相談の場合は心の病気を持つ方もいるので、窓口では病気の特性にも配慮した対応を心がけている。
 また、「○○の病気を理解する講座」といったようなものがどこかの団体等で開かれる場合は、障害や介護の担当係の職員からその講座を教えてもらい受講している。
 「かつて国民年金係にいた職員が障害の係に異動していたりもするので、『こういう講座が今度あそこであるよ』と教えてくれるんです」(渋谷係長)。
 こうした地道な努力が、日々の窓口対応に生かされているといえる。
 今後の抱負については、「お客様は一人ひとり違い、加えて制度はよく変わるので、知識を吸収するように精進したいです」と朝倉さん。
 小城さんは、「長年国年業務を経験した立場から、接遇などについてほかの職員の皆さんにもアドバイスやサポートができればと思います」。
 青島主任主査は「外国人の方の相談は『いつから日本に住んでいるか』などの部分で難しいと思うときがありますが、きちんと加入をしていただけるように勧めていきたいです」。
 渋谷係長は「必要な方には学特や免除という制度があることを説明していますが、学特や免除を利用するということは、納税の観点からすると必ずしも得とはいえないとも思っています。それは、国民年金保険料を納めると、その全額が所得申告の際の控除の対象になりますからね。また、学特や免除を利用すると、そのぶん将来の年金の受け取り額が減るということでもあります。そう考えると、いちばん得とはどういうことかと。そうした税制面などの説明も窓口でしているところですが、このことは今後もお伝えしていきたいと思います」と話す。

 神奈川県大和市 市民経済部保険年金課 職員紹介

前列左から八木章仁国保年金課長、渋谷香里国民年金係長
後列左から青島美乃主任主査、小城茂子さん、朝倉明美さん

前へ
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
bottom_maincontent

ねんきん最前線 市区町村VOICE

年金広報
  • トピックス
  • 年金講座
  • 市区町村VOICE
  • バックナンバー
bottom_sidecontent
bottom_sidecontent
年住協サポートサービス
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
年金WEB質問箱
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ