HOME ≫ 年金広報 ≫ Topics ≫ ③「日・フィリピン社会保障協定」に署名
年金広報タイトル

︱2015.12.15 12月号 (通巻678号) Vol.33

掲載:2015年12月15日
topics

「日・フィリピン社会保障協定」に署名

 平成27年11月19日、フィリピンのマニラにおいて「社会保障に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定」」(日・フィリピン社会保障協定)の署名が、安倍晋三内閣総理大臣及びベニグノ・アキノ3世フィリピン共和国大統領の立ち会いの下、石川和秀駐フィリピン大使(日本)とアルバート・デル・ロサリオ外務大臣(フィリピン)との間で行われた。現在、日・フィリピン両国からそれぞれ相手国に派遣される企業駐在員等は、日・フィリピン双方の社会保障制度に二重に加入を義務付けられる等の問題が生じているが、この協定により、派遣期間が5年以内の一時派遣被用者等は、原則、派遣元国の年金制度にのみ加入することとなる。両国での保険期間は、通算してそれぞれの国における年金の受給権を確立できる。
 今後は、この協定の締結に向けて国会に承認を求めることが予定されている。

次へ
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
bottom_maincontent
年金広報
  • トピックス
  • 年金講座
  • 市区町村VOICE
  • バックナンバー
bottom_sidecontent
bottom_sidecontent
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
年金WEB質問箱
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ