HOME ≫ トピックス ≫ 健康ラージボール卓球教室の楽しみ方 ≫ ① 続けることが効果につながる

健康ラージボール卓球教室の楽しみ方

~健康増進・介護予防、地域でのつながりのきっかけづくり~

 ラージボール卓球は、子どもから歳を重ねた人まで無理なく運動を楽しめるように開発されたスポーツです。通常よりも少し大きいボールと回転のかかりづらいラケットを使用することで、体力が落ちて来た人でもラリーが続きやすく、楽しさを実感しやすいとあって、中高年を中心に人気が高まっています(「ラージボール卓球」についてはこちら)。
 一般財団法人年金住宅福祉協会では、平成28年10月から「健康ラージボール卓球教室」を東京・目黒区の勤労福祉会館で開催。60歳以上であれば参加できるという気軽さから、参加者が増えています(「教室」についてはこちら)。教室の開始から半年あまり、参加者の皆さんはラージボール卓球をどのように楽しんでいるのでしょうか。

健康ラージボール卓球教室の楽しみ方
続けることが効果につながる

 「健康ラージボール卓球教室」で初めてラージボール卓球に触れ、その魅力に引かれて教室に参加し続けている方も少なくありません。継続して参加している方に、その間の変化について伺いました。

堀井さん(74歳)「続けることで腕が軽くなった」

堀井さん

Q 教室に参加したきっかけは?

 定年退職後、卓球をするためにラケットを買ったのに、早々に右腕を骨折してしまって……。それから2年間は何もしていませんでしたが、「めぐろ区報」(目黒区の広報紙)で教室の募集案内を見てリハビリを兼ねて参加してみようと思いました。ラージボール卓球は知りませんでしたが、始めてみると、腕が動かしづらい私でも楽しくプレイができ「これはいい!」と継続を決めました。

Q 継続して5ヵ月、腕の調子はいかがですか?

 すごく腕が軽いですよ。全然上がらなかったのに、今はだいぶ上がるようになりました。腕だけじゃなくて体まで軽くなりました。想像以上に全身を使う運動で、足も肩も普段やらない動きをするから、私たちの年代にとってはそれが最大のメリットだと思います。趣味の山登りにもしばらく行けなかったのですが、ラージボール卓球を続けて腕の調子がよくなったこともあり、今はまた行けるようになったのもうれしいです。

Q 何か他にも変化は?

 継続すると生活のサイクルができます。私の場合、10時から11時半まで卓球、家に帰って食事をして、午後からパート勤務の仕事に出かける、というリズムができました。教室のない日でも、ここで出会った仲間と連絡を取り合い、卓球をしに来るようになりました。今は週に2回ですが、理想は週に3回。それでも運動をしていなかった以前に比べたら大きな進歩。これからも仲間を増やして、定期的に卓球をしていきたいです。

青山さん(81歳)「いろいろな方とお話できるのが楽しみ」

青山さん

Q ラージボール卓球を続けてみてどうですか?

 年齢の上限がなく参加できる場があるというのがうれしいです。ボールを追いかけるのに精いっぱいですが、でも楽しい。私は腰が曲がっていますが、腰への負担も少ないので楽しく体を動かせています。

Q 教室の楽しみは?

 ここに来ると、いろいろな方とお話できるのも楽しいです。昨年までこの教室に参加していた方と、偶然にも先日近所でばったり会って、今はアーチェリーをしていると聞きました。私も興味があるので、年齢制限がなければ今度参加したいと思っています。

Q 今後の目標は?

 前傾姿勢になってしまうので、今は歩くときに杖を2本使っています。でも、いつか杖なしで歩けたらいいなと思いますね。「続けていればそれもできるかもしれない」と思うこともあります。

赤塚さん(68歳)「体調の変化を実感」

赤塚さん

Q ラージボール卓球を続けてみてどうですか?

 持病があってリハビリを兼ねてのスタートでしたが、ずいぶん調子がよくなりました。ウォーキングをしているときの歩幅が大きくなり、その変化に自分でもびっくりです。卓球が生活の一部になって、今では毎週ここに来るのが楽しみでなりません。スポーツ教室は、どうしても技術や勝負ばかりが目的になってしまいがち。私のような初心者がじっくり継続して取り組める場は他にないので、この教室がなくなったらどうしようと心配になります。

Q 教室のない日にも卓球を?

 ここで知り合った方とメール交換をして、週の別の日に卓球をしに来ています。今日、「私も参加したい」という人が現れたので、3人に。3人だと1人がプレイを待たないといけないので、できればもう1人、仲間を増やしたいですね(笑)。週2回の今のペースが非常に体に心地よいので、これからも続けていきたいです。

広瀬さん(64歳)「これからも笑いながら体を動かしていきたい」

広瀬さん

Q 教室に参加したきっかけは?

 テニスをやっているのですが、なかなかコートがとれなくて月1回しかできないこともあります。その合間を補うために何か他の運動ができればいいなと思っていたときに、「めぐろ区報」の募集を見て参加したのがきっかけです。

Q 続けてみてどうですか?

 最初はラケットにボールがかすりもしなかったのですが、丁寧に毎回指導してくださるおかげで、今はだいぶ打てるようになりました。ボールが当たるとすごく楽しくて。冬だから体もあまり動かさないけれど、ここに来ていい汗をかいて、家に帰りシャワーを浴びるとスカッとしてとても気持ちがいいです。

Q 毎日の暮らしに変化が?

 コーチからは、ボールの打ち方だけでなく、体の重心の置き方や、体を動かす際にどこに神経を向けたらいいかなども教わり、普段の生活でも意識するようになりました。今まで色々なスポーツをしてきましたが、このような指導を受けたことがなかったので、役立っています。特に立っているときの重心の位置は、心がけることで体がすごく楽になりますし、ケガの予防にもなります。

Q 今後の目標は?

 楽しく続けていきたいです。上手にもなりたいけれど、笑いながら体を動かしていければいいなと思います。

次へ
bottom_maincontent

健康ラージボール卓球教室の楽しみ方~健康増進・介護予防、地域でのつながりのきっかけづくり~

bottom_sidecontent
年住協サポートサービス
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ