HOME ≫ 年金広報 ≫ クローズアップ年金事務所 ≫ ④ できるだけ円満な納付を目指したい
年金広報タイトル

︱2018.5.15 5月号 (通巻707号) Vol.62

掲載:2018年5月15日
close-up

高山年金事務所(岐阜県高山市)

全国1位奪還に向けて一丸となって取り組む

 高山年金事務所は、岐阜県の高山市、飛騨市、下呂市、白川村の3市1村を管轄する。なかでも高山市は日本でいちばん面積が広い市。広大なエリアを管轄する苦労があるが、国民年金保険料の納付率、厚生年金の保険料徴収率、適用率とも全国トップクラスの実績を維持している。目指すは全国1位。事務所一丸となって取り組んでいくという。

できるだけ円満な納付を目指したい

 吉永貴之厚生年金徴収課長は、刈谷年金事務所(愛知県)の厚生年金徴収課長、清水年金事務所(静岡県)の国民年金課長を経て、今年4月に高山年金事務所に着任したばかり。 「冬の雪がどれだけになるのか、これから体験することにドキドキしています(笑)」と話す。
 厚生年金徴収課には、4名の職員が所属する。
 高山年金事務所は厚生年金保険料の収納率の実績も高く、事業所数でみると、管内の適用事業所数3,200件のうち、滞納事業所数は5%程度となっている。「管轄地域は広いので、こちらから1件1件訪問するのは困難です。そのため指導は呼び出しがメインとなっています」と吉永課長。呼び出しをしても応じないケースについては、訪問等により納付協議を行ったうえで約束通りの納付がされない場合には、速やかに差し押さえが行われることになる。
 滞納事業者の内訳は、ホテルなどや小売業、また、公共工事の減少で苦境にある建設業など。前出の藤本厚生年金適用課長の話にもあったように、昨年度は適用促進が大きく進んだ一方で、「保険料をこんなに支払わないといけないと思っていなかった」という事業所もあり、そうした事業所が未納になっている場合もある。
 「話してできるだけ円満に納付してもらいたい。前任者が良い成績を残したので、私もそれを引き続き進めていきたいと思っています」(吉永課長)。

次へ
bottom_maincontent
年金広報
  • トピックス
  • 年金講座
  • クローズアップ
  • バックナンバー
bottom_sidecontent
bottom_sidecontent
年住協サポートサービス
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ