HOME ≫ ねんきんNAVI ≫ ねんきん手続きガイド ≫ すでに年金をもらっている人の手続き ≫ ① 老齢・障害・遺族年金に共通の諸手続き

ねんきんNAVI

すでに年金をもらっている人の手続き

年金を正しくもらうために、変更が生じた場合には忘れずに手続きをしましょう。各手続きには、場合によって追加して必要になる書類もありますので、年金事務所等に確認してください。

①老齢・障害・遺族年金に共通の諸手続き

②老齢年金をもらっている人の諸手続き

③障害年金をもらっている人の諸手続き

④遺族年金をもらっている人の諸手続き

障害年金をもらっている人の諸手続き

障害の程度が変わった場合や、配偶者や子どもができたり亡くなった場合などには年金額が変わってきますから、手続きが必要です。

障害が重くなった(軽くなった)とき

障害年金は、毎年1 回、現況届と一緒に提出する診断書によって審査されます。それ以外にも等級が変わったときは年金額が変更になりますので、年金事務所や共済組合等で請求の手続きを行います。

準備するもの
  • 年金証書、医師の診断書、配偶者や子どもの加算がついている場合には戸籍抄本等を持参します。

障害が軽くなって障害年金に該当しなくなったとき

障害年金は、毎年1 回、現況届と一緒に提出する診断書によって審査されます。障害の程度(等級)が軽くなり、障害年金に該当しなくなったときには、年金事務所等に「不該当」の届出をする必要があります。

準備するもの
  • ありません。

結婚したり子どもができたとき

結婚したり子どもが生まれて扶養家族ができたときには加算がつくようになりますので、年金事務所等に届け出ます。

準備するもの
  • 戸籍抄本、扶養する配偶者の所得証明書(課税証明書、源泉徴収票など)などを持参します。

配偶者や子どもが亡くなったとき

加算の対象となっている配偶者や子どもが亡くなったり離縁などした場合は加算がもらえなくなりますので、すみやかに年金事務所等への届出が必要です。

準備するもの
  • ありません。

同時に労災保険ももらうとき

障害年金と同時に労災保険の障害<補償>年金または傷病<補償>年金をもらうときには、労災保険の年金額が減額されます。年金事務所に労災保険をもらっていることを届け出る必要があります。

準備するもの
  • ありません。
bottom_maincontent
年金広報
  • ねんきんABC
  • ねんきんAtoZ
  • ねんきん手続きガイド
  • ねんきん用語集
bottom_sidecontent
bottom_sidecontent
年住協サポートサービス
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ