HOME ≫ くらしすとEYE ≫ 年金・社会保険 ≫ “目で見る”年金講座【第1回】公的年金の年金額を増やすには? ≫ ② サラリーマンが「納め方」で増やす
くらしすとEYE
年金・社会保険
掲載:2018年10月15日

“目で見る”年金講座【第1回】
公的年金の年金額を増やすには?

サラリーマンが「納め方」で増やす

60歳を過ぎてからも仕事を続け、厚生年金に加入する

 会社勤めをしている、いわゆるサラリーマンは、自動的に厚生年金に加入することになっています。したがって、60歳を過ぎても会社勤めをしているサラリーマンも、厚生年金に加入することになります(原則70歳まで)。
 つまり、60歳を過ぎてもサラリーマンを続けると、厚生年金の加入期間が長くなるため、それだけ年金額が増えることになるのです。どれだけ増えるかは、給料に基づき納める保険料によって変わります。
 なお、60歳以降に働きながら受け取る年金を「在職老齢年金」といいますが、在職老齢年金は、給料と年金の合計額に応じて、年金額の一部または全部が支給停止されます。

【図2】

図2
point

1.60歳を過ぎてもサラリーマンを続ければ年金額は増える。

2.働きながら受給する在職老齢年金は、給料によって本来の年金額が調整される。

【おすすめ関連記事】

◎年金額を増やしたい

◎年金は早くもらったほうがトクか?

年金制度のキホンを知りたければ、ねんきんABC

ねんきん用語集もご活用ください。

この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
bottom_maincontent

“目で見る”年金講座【第1回】
公的年金の年金額を増やすには?

bottom_sidecontent
年住協サポートサービス
住環境整備促進
一般財団法人 年金住宅福祉協会
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ